株式会社 名水の里  TEL0120−5656−32

HOME
インフルエンザと水
備蓄保存水
ごろごろ水の誕生
ごろごろ水の育った環境
ごろごろ水と勲章
ごろごろ水と世界遺産
社長ってどんな人
ごろごろ水と洞川郷
ごろごろ水の商品紹介
ごろごろ水の水質は?
ごろごろ水のおもしろ実験
ごろごろ水の結晶は?
ごろごろ水の工場
ごろごろ水のこだわり
会社概要
ノベルティグッズ
ノベルティ商品お見積
ひょうたんから水
まんとくんオリジナルボトル
飛鳥キトラ古墳壁画オリジナルボトル
せんとくんオリジナルボトル
安心と安全
ごろごろ水と陀羅尼助丸
企業用お問合せ
放射線量
水の滞留年数
ゆずオリジナルボトル
寒の水「期間限定」
寒の水「期間限定」
寒の水

寒の期間湧き出た「ごろごろ水」を大寒の水として販売いたします
〜数に限りがございますのでご注文の際は必ず「大寒の水」とご指定ください〜

 
 
※寒の水の期間は・・小寒〜節分までです。
 弊社では寒の期間製造させていただいております。(2017年の大寒は1月20日です)



■京都では昔から言い伝えられてきたことなのですが。
 (京都のしきたりの本なんかにも載っていますしね)

「大寒に入って最初の丑の日の水を汲み置くとその一年、火事をおこさない」というのがあります。
迷信かもしれませんが、大寒の水は腐らないっていいますしね(だから日本酒は寒の時に仕込むのですからね)
毎年、大寒から最初の丑の日に水を汲み、インスタントコーヒーなんかの瓶に入れて水引をして、台所に置いています。お陰様で火事の類にあったことはありません。
興味のある方は試されては如何でしょうか?
  (書き込んだ人かずちゃんより)抜粋



大寒の水とは「大寒から最初の丑の日」の期間を言います


■「寒の水は腐らなくていいんだよ。健康にいいんだよ。」と昔の人は話してくれます。

「寒」は、二十四節気の小寒から大寒を含み、節分の前日までの約1ヶ月間(1月6日頃〜2月3日頃)で、一年中でもっとも寒い時期です。
この時期の水は、雑菌が少ないとされ、各地で味噌、醤油、酒づくりなどに利用され、餅を作る地方もあります。
古来中国では節気水という言葉があり、寒露、冬至、小寒、大寒の水は、五臓を滋補し、痰火、積聚、中毒の諸丹丸薬をつくるにはこれでつくるとよいとされています。
 (株式会社ウチダ和漢薬HPより)

■昔の人々は生活の知恵で「大寒の水」が、お茶、調理に美味しく薬や酒の原料水に適し、腐り難い無病息災と重宝されて来ました。
「大寒の水」は冬の水表面の水温が、外気と接触・冷却されて川・湖底の下層部に移動する際、水表面のゴミ・チリ等の浮遊物質も下層に移動して、水質が清浄化されることが大きな原因でもあります。


 

Copyright (c)1994 meisuinosato Co. Ltd. All Rights Reserved.